EL ARRULLO アオラコーポレーション
ショッピングカート
キューバ&カリブ 中南米 北米 ヨーロッパ アフリカ 日本 アジア&インド アラブ ベリーダンス その他 グッズ
[特集ページ] [新 着] [推 薦] [予 約] [ランキング]
         
定番ジャンル
キューバ 新着定番
フィーリン 新着定番
コスタリカ 新着定番
ペルー 新着定番
アルゼンチン 新着定番
ガリシア−スパニッシュ・ケルト 新着定番
ベリーダンス 新着定番
Power Search
カテゴリ選択:


キーワード:
Search
アーティストで探す アーティストで探す
レーベルで探す レーベルで探す
Aloha ‘Aina

石川 優美 & PONOLANI 

Aloha ‘Aina アロハ・アーイナ


レーベル: META COMPANY(SMILEY HONU RECORDS)
カテゴリ:ハワイ ジャンル:HAWAIIAN
国:JAPAN 録音・発売年:2013 メディア:CD

価格:2700円 オーダーナンバー:HONU-003

おすすめ 国内盤 お取り寄せ
個 

◆セール対象外◆ ポイント5倍
アロハ・アーイナ』とは、『命を育ててくれる大地は今を生きる私達だけの物ではなく、受け継がれていくみんなのもの…この大地を愛そう』という、古代より続いているハワイ人の考え方です。そしてこのような考え方は日本にも通じるものがあると感じる事がしばしばあります。ハワイに出会って、ハワイアン・ミュージックを演奏するようになって14年。ハワイを知れば知るほど、日本をもっと知りたくなる…私達にとってのハワイは、大切な事、大切な物に気づかせてくれる、かけがえのない場所です。
“日本に住む私達が想うハワイ。日本にいるからこそ感じられるハワイ。”そんなハワイへの想いを沢山詰めたアルバムです。
今回も1st &2nd同様、ハワイ語で作詞・作曲したオリジナル曲、オリジナルのスラック・キー・ナンバー、トラディショナル・ハワイアン・ソングを収録した他、日本語のオリジナル曲や、名曲『Smile』、バート・バカラック&ハルデヴィッドのナンバーをスラック・キー・ギターとウクレレでカバーするなど、幅広く収録しています。

メーカーインフォより

曲目表:
1. Introduction(on the calm shore)
2. Ku’u pua i paoakalani
3. Aloha N Pua Kiele
4. SAYONARA
5. ホレホレ節 Hole Hole Bushi
6. Meeting again
7. おひさまが笑ったら
8. Queen’s Prayer
9. ちむがなさ
10. The window of the world
11. Welina〜祈りとともに〜
12. Luna Rainbow 月の橋
13. Smile
14. Leaving the shore

メンバー:
■石川優美プロフィール:
亀渕友香氏に師事。ゴスペルコーラスグループ『VOJA』の初代メンバーとして活動後、ソロ活動へ。
1999年、山内雄喜氏との出逢いをきっかけに、ハワイアンを歌い始める。ケリィ・タウア氏にハワイ語を学び、ハワイ語での作詞・作曲も手がける。作家としても活動しており、藤井フミヤ、NHKの『 おかあさんといっしょ』『いないいないばぁっ!』などへ楽曲提供するなど、幅広く活動している。2007年より、『石川優美&Ponolani』として活動開始。
2011年より北海道全域をカバーするSTVラジオ、『石川優美のアロハアーイナ』のパーソナリティーとしても活動中。(毎週日曜20:30からの30分番組)
2013年4月より富山KNBラジオでもオンエアスタート。(毎週月曜18:30から)

■Ponolani プロフィール:
ギターやウクレレ、スティールギターなどの演奏のみならず、編曲、レコーディング、ミックスまでこなす。
オリジナルのスラック・キー・ナンバーも多数制作。2007年より、『石川優美&Ponolani』として活動開始。

■石川優美&Ponolani プロフィール:
ハワイ独特のギター奏法『Slack-key-Guitar-Sounds』を軸に『石川優美&Ponolani』として2007年から活動を始めた夫婦ユニット。
ハワイアンソングだけでなく、オリジナル曲や唱歌などにも、ハワイの音をミックスさせた世界観は高い評価を得ており、ライブに訪れる人達からは『身体中のネジがゆるむ、究極の和みのひととき』との評価も。
2009年にはハワイソロ公演(2日間3ステージ)も実現。



こんな商品もオススメします
Cuerdas Que Lloran
TONO FUENTES
"Cuerdas Que Lloran"

All rights reserved このページのトップ 前ページに戻る トップページ