EL ARRULLO アオラコーポレーション
ショッピングカート
キューバ&カリブ 中南米 北米 ヨーロッパ アフリカ 日本 アジア&インド アラブ ベリーダンス その他 グッズ
[特集ページ] [新 着] [推 薦] [予 約] [ランキング] [ピックアップ]
           
北米
アメリカ合衆国
新着定番
カナダ
新着定番
ハワイ
新着定番
Power Search
カテゴリ選択:


キーワード:
Search
アーティストで探す アーティストで探す
レーベルで探す レーベルで探す

NEGRO AQUILINO ネグロ・アキリーノ

El Saxofon Humano エル・サクソフォン・ウマーノ


レーベル: FRESH SOUND RECORDS
カテゴリ:スペイン/フラメンコ/キューバ ジャンル:フラメンコ/ヒストリカル
国:SPAIN / CUBA 録音・発売年:1932-41 メディア:CD

価格:2343円 オーダーナンバー:FSRCD-3019

在庫わずか
個 

サックスでフラメンコを演じた伝説のキューバ人奏者ネグロ・アキリーノの稀少な復刻音源集がリリースされました!
ネグロ・アキリーノこと、アキリーノ・カルサード・ゴンサーレスは、1910年キューバのグアンタナモに生まれたムラート(黒人と白人の混血)。“ネグロ(黒人)”という通名は、その容貌に由来するものでしょうが、“ヒターノの魂をもつ黒人”とも呼ばれた彼は、もっとも歌声に近い楽器とされるサックスで、情感豊かにカンテ・フラメンコの世界を表現し、1930年代前半から40年代初頭にかけて、スペインで人気を博しました。
本作はネグロ・アキリーノの32〜36年のバルセロナ録音と40〜41年のハバナで録音を収録。加えて、途中にはネグロ・アキリーノの良きライヴァルであったサックスのフェルナンド・ビチェスが、フラメンコ・ギターの神様ラモン・モントーヤとの録音6曲が挿入されています。これは以前、ラモン・モントーヤ『フラメンコ・ギター、不世出の天才』(BNSCD-903/4)として弊社よりリリースしていたアルバムでも聴くことができましたが、丁寧に復刻された音の状態も良く、こちらも本当に素晴らしい内容です。
ネグロ・アキリーノの録音は、前半の12曲目までが、サビーカスやモノーロ・デ・バダホスら、ギターやピアノとの小アンサンブルによる演奏、後半の19〜25曲目がパソドブレなど楽団との演奏になります。
“サックスの(マヌエル・)バジェホ”、“サックスの(ペペ・)マルチェーナ”など、当代の人気フラメンコ歌手の名を挙げ持てはやされたというそのアプローチは、カンテをサックスに置き換えるようなものであったかと思いますが、後のサックス/フルート奏者ホルヘ・パルドらによって現在花開いているフラメンコ・ジャズの遠い祖先として聴いてみるのもいいかもしれません。
なお、原盤に起因するノイズ等ございますので、予めご了承ください。又、ジャケ裏の曲目データの1,2曲目にピアニストとの録音となっておりますが実際はギタリストとの録音です。

曲目表:
01. Fandanguillos 3:12
Odeón 183.473 (SO.7745), Junio 1932
02. Guajiras 2:58
Odeón 183.473 (SO.7746), Junio 1932
03. Milonga 3:18
Piano: J. Manuel Beltrán
Odeón 183.534 (SO.7841), Octubre 1933
04. Media Granadina 2:49
Piano: J. Manuel Beltrán
Odeón 183.534 (SO.7842), Octubre 1933
05. Fandanguillos 2:54
Guitarra: Manolo de Badajoz
Odeón 183.628 (SO. 7981), Enero 1933
06. Media Granadina 2:58
Guitarra: Manolo de Badajoz
Odeón 183.628 (SO.7982), Enero 1933
07. Guajiras 3:08
Guitarra: Manolo de Badajoz
Odeón 183.673 (SO.7984), Enero 1933
08. Colombianas 3:06
Guitarra: Manolo de Badajoz
Odeón 183.673 (SO.7983), Enero 1933
09. Media Granadina 3:08
Guitarra: Niño Sabicas
Parlophon B.26.809-II (129.905), 1936
10. Maria Magdalena (Quiroga) 3:05
Guitarra: Niño Sabicas
Parlophon B.26.809-I (129.907), 1936
11. Barrio de Santa Cruz (H.Montes-B.Ulecia) 3:19
Piano y la guitarra de Rafael Nogales
Parlophon B. 26.815-II (129.903), 1936
12. Que se va el vapor (A.Calzado) 3:02
Asturiana por bulerías
Guitarras: Niño Sabicas y Rafael Nogales
Parlophon B. 26.815-I (129.908), 1936

FERNANDO VILCHES, saxofón alto

13. Por Peteneras (F.Vilches-E.Bregel) 3:05
Guitarra: Ramón Montoya
Gramófono A 4136 (OJ 760), Diciembre 1932
14. Por Fandangos (F.Vilches-E.Bregel) 3:08
Guitarra: Ramón Montoya
Gramófono A 4136 (OJ 761), Diciembre 1932
15. Flor de Petenera 2:55
Guitarra: Ramón Montoya
Gramófono AE 4148 (OJ 759), Diciembre 1932
16. Mi Colombiana (F.Vilches-E.Bregel) 2:58
Guitarra: Ramón Montoya
Gramófono AE 4148 (OJ 762), Diciembre 1932
17. Fandangos 2:36
Guitarra: Ramón Montoya
Gramófono AE 4193 (OJ 763), Diciembre 1932
18. Milonga 3:05
Guitarra: Ramón Montoya
Gramófono AE 4193 (OJ 764), Diciembre1932

NEGRO AQUILINO, saxofón alto

19. El Saxofón Humano (Valeriano Millán) 2:55
Pasodoble flamenco
Aquilino con la Orquesta Los Bolivios
Odeón 183.632 (SO.7985), Mayo 1933
20. Viva la Virgen (Valeriano Millán) 2:49
Pasodoble jota
Aquilino con la Orquesta Los Bolivios
Odeón 183.632 (SO.7986), Mayo 1933
21. Granadina “Más de media” 3:38
Aquilino y su Cuadrilla
RCA Victor 83083-A / 13 Mayo 1940
22. En er Mundo 3:20
(J.Quintero-J.Fernández Lorenzo)
Pasodoble flamenco
Aquilino y su Cuadrilla
RCA Victor 83083-B / 13 Mayo 1940
23. Garrotín (Aquilino Calzado) 3:12
Aquilino y su Cuadrilla
RCA 83380-A / 15 Mayo 1940
24. Risas (Pedro Guida) 3:29
Pasodoble
Aquilino y su Cuadrilla
RCA 83380-B / 12 Febrero 1941
25. Recuerdos de Zaragoza 3:24
(J.Blasco Navarro) Pasodoble jota
Aquilino y su Cuadrilla
RCA 83613-B / 18 Junio 1941





メンバー:
Personnel on tracks #1-12: Negro Aquilino, alto sax accompanied on piano by J. Manuel Beltrán , Spanish guitar Manolo Badajoz (#5-8), and Niño Sabicas (#9 y 10), piano & guitar by Rafael Nogales (#11), guitars by Niño Sabicas & Rafael Nogales (#12).

Personnel on tracks #13-18: Fernando Vilches, alto sax accompanied on guitar by Ramón Montoya.

Personnel on tracks #19-25: Negro Aquilino, alto sax accompanied by Orquesta Los Bolivios (#19-20), and his Cuadrilla (#21-25).


Recorded in Barcelona, Spain, 1932-1936 (#1-20), and La Habana, Cuba, 1940-1941 (#21-25)



Produced for CD release by Jordi Pujol

24-Bit Digitally Remastered


こんな商品もオススメします
Remezclas De La Casa
OJOS DE BRUJO
"Remezclas De La Casa"
Alaire
KEJALEO
"Alaire"
Ensayo Y Error
ALBERTO ALCALA
"Ensayo Y Error"
Oracion
MICHIAKI TANAKA
"Oracion"
Roete
FARINA
"Roete"

同じレーベルのアルバムです
Complete 1957 Sessions With Hugh Lawson
YUSEF LATEEF
"Complete 1957 Sessions With Hugh Lawson"
The Amazing Sounds Of
TOOTS THIELEMANS
"The Amazing Sounds Of"

All rights reserved このページのトップ 前ページに戻る トップページ