EL ARRULLO アオラコーポレーション
ショッピングカート
キューバ&カリブ 中南米 北米 ヨーロッパ アフリカ 日本 アジア&インド アラブ ベリーダンス その他 グッズ
[特集ページ] [新 着] [推 薦] [予 約] [ランキング]
         
定番ジャンル
キューバ 新着定番
フィーリン 新着定番
ペルー 新着定番
アルゼンチン 新着定番
ガリシア−スパニッシュ・ケルト 新着定番
イラン−ペルシャ 新着定番
ベリーダンス 新着定番
Power Search
カテゴリ選択:


キーワード:
Search
アーティストで探す アーティストで探す
レーベルで探す レーベルで探す


EYDIE GORME, JAVIER SOLIS, GIGLIOLA CINQUETTI CON TRIO LOS PANCHOS イーディー・ゴーメ、ハビエル・ソリス、ジリオラ・チンクェッティとトリオ・ロス・パンチョス

Las 3 Estrellas con Trio Los Panchos 3大スターとトリオ・ロス・パンチョス:伝説の共演


レーベル: 竹村オフィス&サンビーニャ
カテゴリ:ボレロ/ラテン ジャンル:ラテン/ボレロ
国:MEXICO/ ITALY 録音・発売年:1964-1968 メディア:CD

価格:2750円 オーダーナンバー:TKSB-012

NEW おすすめ 国内盤 お取り寄せ
個 

ご注文確定後、2〜3日で入荷予定です。
ポイント5倍

選曲&解説:竹村淳

強烈な個性が刺激的にからんで溶けて生む、新たなラテンの魅力に心が踊る!

ラテン音楽の黄金時代に焦点を当てた編集盤でご好評を頂いてきた“TAKEMURA OFFICE & SAMBINHA“(旧:TAKE-0FF & SAMBINHA)から、ラテン音楽史上最高の人気を誇ったトリオ・ロス・パンチョスがその絶頂期の1960年代に、時の3大スター歌手たちと残した歴史的共演をコンパクトに編集したアルバムが登場します。
トリオ・ロス・パンチョスは第2次世界大戦末期の1944年5月にNYCでデビュー。米国務省が日独伊の移民が多い中南米でのシンパ拡大作戦の一環としてCBSラジオの番組に同トリオを起用したことから脚光をあびました。やがてメンバーのアルフレード・ヒルが改良したレキントの音色を生かしたロマンティックなボレーロで人気を確立し、ラテン・トリオ人気を巻き起こしました。
本作の@〜Hにはイーディ・ゴーメ(1928.8.16 - 2013.8.10) との共演を収録。NY出身の彼女は1950年に楽団歌手としてデビューし、57年に歌手スティーブ・ローレンスと結婚、やがて夫とのデュオ録音やステージでも注目を集めました。63年に「恋はボサノバ」(Blame it on the Bossa Nova) の大ヒットでゴールドディスクを獲得。ボサ・ノーヴァの曲 "Recado" に英詞をつけて唄った 「ザ・ギフト」も好評で、いまもスタンダード曲となっています。本作には64年に実現し大ヒットした共演第1作から8曲、65年の共演第2作からCを収録。なお当時のパンチョスのトップ・ボイスはジョニー・アルビノです。
ハビエル・ソリス (1931.9.1 - 1966.4.19) は、先輩歌手ペドロ・インファンテ (1917 - 1957/享年39) が取り組むも、航空機事故死のため完成しなかったボレーロ・ランチェーロ (マリアッチ楽団をバックにボレーロを唄うスタイル) を完成させた歌手。俳優としても活躍しましたが、水疱疹のために66年4月に享年34で急逝してしまいました。それを受けてパンチョス側の熱望で、彼が遺した録音に二重録音する形で66年8月に全11曲の“共演”が実現。(ここには9曲を収録)。中でもIはソリスの出世作として有名で、Pは彼の死後にヒットした。なおパンチョスのトップ・ボイスはエンリケ・カセレスです。
R〜㉖はイタリアの人気歌手ジリオラ・チンクェッティ(1947.12.20 - ) との共演。彼女は1964年(16歳) にサンレモ音楽祭で 「夢みる想い」 を唄い優勝、 さらに同年のユーロビジョン・ソング・コンテストに同曲で臨み、イタリアからの出場者としては初優勝を果たし一躍人気歌手となりました。66年には「愛は限りなく」が世界的ヒット。その勢いに乗って彼女がメキシコを訪れることでパンチョスとの共演が実現しました。なおトリオのトップ・ボイスはエンリケ・カセレスです。
どこをとっても輝かし時代のラテン歌謡の魅力に溢れた名唱/名演ばかり。歌詞大意のついた充実した解説と共にお楽しみ頂けます。

●歌詞大意つき
●選曲&解説:竹村淳

(メーカーインフォより)

曲目表:
■ イーディー・ゴーメ con Trío Los Panchos /recorded Feb.1964、C=’65
01. Amor, Amor, Amor アモール・アモール・アモール
02. Sabor a mí サボール・ア・ミ
03. Pier canela ニッケ色の肌
04. Cuatro vidas 四つの命
05. Cuando vuelva a tu lado あなたのそばに戻るとき
06. Noche de Ronda ロンダの夜
07. La última noche 最後の夜
08. Nosotros ノソートロス (私たち)
09. Historia de un amor ある恋の物語

■ ハビエル・ソリス con Trío Los Panchos /recorded Aug, 1966
10. Lloraras あなたはきっと泣くでしょう
11. Cenizas 灰 (愛の燃えがら)
12. Tomate una copa 一杯つきあって
13. El Loco エル・ロコ
14. Media vuelta 半回転
15. En mi viejo San Juan わが懐かしのサン・フアン
16. Sombras (nada más) 影 (ただそれだけ)
17. Payaso 道化師
18. Me recordaras 覚えているよ

■ ジリオラ・チンクェッティ Gigliola Cinquetti con Trío Los Panchos/recorded 1968
19. María Elena マリーア・エレーナ
20. Amapola アマポーラ
21. Quizás, quizás, quizás キサス・キサス・キサス
22. Bésame mucho ベサメ・ムーチョ
23. Negra consentida ネグラ・コンセンティーダ
24. Salud, dinero y amor 健康とお金と愛
25. La mentira (Se te olvida) いつわり (あやまち)
26. Adiós Mariquita linda さようなら 麗しのマリキータ


こんな商品もオススメします
Amapola
TANIA PANTOJA & VANNIA BORGES
"Amapola"
桜花月歌
AYUMI “AZUCAR” SUZUKI & AYUMANIA
"桜花月歌"
ラテン&フォルクローレ、 歌いましょう!
河上 美春
"ラテン&フォルクローレ、 歌いましょう!"
「Uno」〜人とは〜
YOSHIRO広石
"「Uno」〜人とは〜"
Contigo
MASAYO
"Contigo"

All rights reserved このページのトップ 前ページに戻る トップページ