EL ARRULLO アオラコーポレーション
ショッピングカート
キューバ&カリブ 中南米 北米 ヨーロッパ アフリカ 日本 アジア&インド アラブ ベリーダンス その他 グッズ
[特集ページ] [新 着] [推 薦] [予 約] [ランキング] [ピックアップ]
           
アフリカ
西アフリカ
新着定番
中央アフリカ
新着定番
東アフリカ
新着定番
南部アフリカ
新着定番
インド洋
新着定番
フィールド・レコーディング_アフリカ
新着定番
親指ピアノ
新着定番
ジェンベ
新着定番
アフリカン・ジャズ
新着定番
Power Search
カテゴリ選択:


キーワード:
Search
アーティストで探す アーティストで探す
レーベルで探す レーベルで探す

FRANCOIS JOUFFA フランソワ・ジューファ

Katmandou 1969 カトマンズ 1969


レーベル: FREMEAUX & ASSOCIES
カテゴリ:南アジア(インド以外) ジャンル:FIELD RECORDINGS
国:NEPAL 録音・発売年:1969 メディア:2CD

価格:3247円 オーダーナンバー:FA-5244

お取り寄せ
個 

民放ラジオ局 EUROPE NO.1 のジャーナリストであった若き日のフランソワ・ジューファが,夫人のフォトジャーナリスト、シルヴィー・ロマンと共にネパールに飛び,20世紀初頭に仏陀の道を求めてこの地に住み着いた女性アレクサンドラ・デヴィッド・ネールの足跡を追ってカトマンズに至ります。ここでジューファはロックミュージックと同根のトランス・ミュージックがあることに驚愕し、夢中でフィリップス社製のカセット・デンスケを回しつづけます。カトマンズへの道はビート・ミュージックのルーツへの道であるかのように。この録音は帰国後LPとなって70年に発表され、アジア〜オリエントにおけるビート表現の貴重な資料として、特にROCK & FOLK 誌やPOP MUSIC 誌(後のBEST 誌)のようなポップのメディアで高く評価されます。幻覚的で、ヒッピー的で、いわばビートルズ的だったわけですね。 それから数年後,ジミー・ペイジがジューファにこう告白します「俺とロバート(プラント)は,あの時期このレコードばかり聞いていたんだ」と。1975 年に発表された「カシミール」はジューファの録音にインスパイアされたと言うのです! 40年後,フレモオ&アソシエ社がこの歴史的カトマンズ録音を復刻します。CD 2枚組に増えていますが,CD2枚目は1969年当時のフランスのネパール駐在の領事やフランスからの留学生(旅行者)へのインタヴューなどの「語りドキュメント」になりますから,フランス語を解さない方々にはもっぱらCD1枚めの音楽のフィールドレコーディングへ興味が集中することになります。40頁ブックレット詳細解説(仏語&英語)。カルト・フィールドレコーディングです!


こんな商品もオススメします
VARIOUS ARTISTS
"Zambia roadside - Music from Southern Province"
HUGH TRACEY - HISTORICAL RECORDINGS
"Sothern And Central Malawi Nyasaland 1950 '57 '58 ( Mang Anja, Cewa, Yao)"
VARIOUS ARTISTS
"Malawi Grooves 1950, ’57, ’58’ 180 Grams Lp"
HUGH TRACEY - HISTORICAL RECORDINGS
"Kenya Songs and Strings 1950 & 1952"
FRANCOIS JOUFFA
"Tibet - Le Jokhang De Lhassa"

同じアーティストのアルバムです
FRANCOIS JOUFFA
"Tibet - Le Jokhang De Lhassa"
FRANCOIS JOUFFA
"Native Americans Music And Songs"

同じレーベルのアルバムです
FRANCOIS JOUFFA
"Native Americans Music And Songs"
VARIOUS ARTISTS
"Folk Trance Possession 1939-1961"
PIERRE HUGUET
"Nature Des Tropiques"
VARIOUS ARTISTS
"Verada Tropical - 36 Masterpieces Of Suth America 1933-1956"
JEAN-LUC HERELLE
"Clarines Et Sonailles Pastoral Bells"

All rights reserved このページのトップ 前ページに戻る トップページ