EL ARRULLO アオラコーポレーション
ショッピングカート
キューバ&カリブ 中南米 北米 ヨーロッパ アフリカ 日本 アジア&インド アラブ ベリーダンス その他 グッズ
[特集ページ] [新 着] [推 薦] [予 約] [ランキング]
         
定番ジャンル
キューバ 新着定番
フィーリン 新着定番
ペルー 新着定番
アルゼンチン 新着定番
ガリシア−スパニッシュ・ケルト 新着定番
イラン−ペルシャ 新着定番
ベリーダンス 新着定番
ティンガティンガ 新着定番
Power Search
カテゴリ選択:


キーワード:
Search
アーティストで探す アーティストで探す
レーベルで探す レーベルで探す

BABA COMMANDANT & THE MANDINGO BAND ババ・コマンダント&ザ・マンディンゴ・バンド

Sonbonbela ソンボンベラ


レーベル: サンビーニャ・インポート(SUBLIME FREQUENCIES)
カテゴリ:西アフリカ ジャンル:AFRICAN POPS/MANDING POPS/アフロ・ビート
国:BURKINA FASO 録音・発売年:2022 メディア:LP

価格:5500円 オーダーナンバー:AKSI-50013

NEW おすすめ お取り寄せ
個 

ご注文確定後、2〜3日で入荷予定です。
輸入盤に付きポイントは通常通り


ますますパワーアップしたブルキナ・ファソのファンキー・グループ!

東南アジアなどの辺境音楽の紹介のほか、貴重な資料を加えた豪華装丁のフィールド・レコーディング集など、マニアックな音楽ファンの期待に応える仕事ぶりに定評のあるアメリカのレーベル“Sublime Frequencies”から、前作『シラ・バ・ケレ』(ライス AKR-8046)が日本でも好評だったブルキナ・ファソのグループ“ババ・コマンダント&ザ・マンディンゴ・バンド”の新作が登場しました。
“ババ司令官”こと本グループのリーダー、ママドゥ・サヌ(1973年生まれ)を中心とした西アフリカの国ブルキナ・ファソ出身のアフロ・ファンク系グループ。歌手/演奏家/作曲家であるママドゥは、アフロビートの創始者フェラ・クティやジュジュ・ミュージックの王様キング・サニー・アデといったナイジェリア系の西アフリカ音楽に惹かれてキャリアをスタートさせました。その後ヴィクトル・デメやトゥレ・クンダ、ユッスー・ンドゥール、ピーター・ゲイブリエルといった大物たちと共演を重ねてゆき知名度を上げていった彼は、2015年に“Juguya”(Sublime Frequencies)という作品をババ・コマンダント名義でリリース。そこでは粗野ながら芯の太いサウンドで、アフロビート色の濃いアフロ・ファンクを楽しませてくれました。さらに2018年の後半に発表(日本では2020年発表)したセカンドが前作の『シラ・バ・ケレ』で、本来の力強いサウンドはそのままに、アレンジをソフィスティケイトさせ、より聴きやすさと親しみやすさを目指した佳作でした。
そして2022年の前半に本国ブルキナ・ファソで録音された彼らのサード作が本作で、これは2022年初頭に亡くなった同バンドのベーシスト、マッシンボ・タラナへ捧げられたものでもあります。マンディンゴの伝統音楽とアフロビートを融合させた彼らの持ち味はここでも健在で、さらに前作以上に洗練を極めたバンド・アンサンブルは、現在活躍する西アフリカのグループの中でも特筆すべきものへと進化しました。聴き所はママドゥ自身が弾くカマレ・ンゴーニや、メンバーが奏でるバラフォンといった西アフリカの伝統楽器の音色が加わったアフロ・グルーヴ、そして現在の西アフリカでもっとも偉大なギタリストのひとりイサーフ・ジャバテによる流れるようなソロ・プレイなど。加えてバンドの司令塔ママドゥによるファンキーなヴォーカルこそが、このグループにおける全てのエネルギーの源となっています。
20世紀半以降、現在にかけて常に進化し続けてきた西アフリカ大衆音楽のいまを象徴するアルバムと言えそうです。

●日本語による説明をつけた帯を商品に添付して発送いたします。日本語解説は同封しておりません。予めご了承ください。

(以上、メーカー・インフォ)

曲目表:
1. Chasser Les Sachets
2. Kameleba
3. Afro Mandingo
4. Semayala
5. Serejugu
6. Sonbanbela
7. Wariko


こんな商品もオススメします
VARIOUS ARTISTS
"Bokoor Beats"
NETSAYI
"Monkeys' Wedding"
VIVIANE ET LE JOLOF BAND
"Le Show"
SEYDU
"Diamond Tears"
YINERGA
"Lountougnin"

All rights reserved このページのトップ 前ページに戻る トップページ