EL ARRULLO アオラコーポレーション
ショッピングカート
キューバ&カリブ 中南米 北米 ヨーロッパ アフリカ 日本 アジア&インド アラブ ベリーダンス その他 グッズ
[特集ページ] [新 着] [推 薦] [予 約] [ランキング] [ピックアップ]
           
ヨーロッパ&バルカン
スペイン
新着定番
ポルトガル
新着定番
イタリア
新着定番
フランス
新着定番
ギリシャ
新着定番
ハンガリー
新着定番
バルカン
新着定番
ヨーロッパその他
新着定番
地中海
新着定番
フラメンコ
新着定番
ジプシー音楽
新着定番
ジューイッシュ音楽
新着定番
ケルト
新着定番
Power Search
カテゴリ選択:


キーワード:
Search
アーティストで探す アーティストで探す
レーベルで探す レーベルで探す

MODERN IRISH PROJECT モダンアイリッシュプロジェクト

Moving Cloud ムービング・クラウド


レーベル: META COMPANY(TOKYO IRISH COMPANY)
カテゴリ:ケルト ジャンル:アイルランド/ケルト
国:JAPAN 録音・発売年:2013 メディア:CD

価格:1650円 オーダーナンバー:TOIC-008

おすすめ 国内盤 お取り寄せ
個 

◆セール対象外◆ ポイント5倍
フィドルの大渕愛子、ギターの長尾晃司はハモニカクリームズの一員として2012年ケルト音 楽国際コンクールで優勝を納める。そんな海外でも評価される実力派の2人に、仙波清彦 氏のもとで邦楽を学び、歌心にあふれるドラムプレイを持ち味に様々なグループで活躍する田嶋友輔が彩りを加え、その世界観は限りない広がりを見せる。
三者それ ぞれのグルーブが一つになる瞬間、アイリッシュ音楽が希有なダンスミュージックとなり 聴く者に興奮と喜びを与えるものとなる。バンド結成から5年目となる2013年、改めて自らの音楽性を見つめ直し、現時点で導き 出した1つのテーマ。それが”ダンスミュージックの追求”だった。本作はまさに、アイル ランド音楽をバックグラウンドとした”ダンスミュージック”アルバムである。
モダンアイリッシュプロジェクト渾身の第3弾Album「MOVING CLOUD」には、我々の ライブに欠かせない定番曲となった5曲に、未発表のボーナストラック2曲を加えた全7 曲を収録した。それは同時に、MODERN IRISH PRIJECTの歴史が詰まった渾身の作品になった。願わくばこのCDを聴いて、心を奮い立たせてほしい。そして是非ライブに足を運 んで頂き、我々の音楽で”ダンス”をしてほしい。

メーカーインフォより

曲目表:
1. Moving Cloud
2. Elderly Polka
3. Abbey Reel set
4. Wedding set
5. The Humid House
6. Ships in Full Sail(bonus track)
7. Mountain Road(bonus track)

メンバー:
[大渕 愛子] (おおぶち あいこ):Fiddle
ミュージカル<Riverdance>のフィドラーとして一躍有名になった EileenIversに衝撃を受け、17才の時にクラシックから転じ 独学でアイリッシュフィドルを始める。楽しそうに演奏する長尾氏とは対照的、クールな表情が持ち味。青い服を着て、青いフィドルを持ちどんな曲を弾いても大渕愛子色に変える。強烈なドライブ感を武器に、若きトップフィドラーの異名をもつ。

[長尾 晃司] (ながお こうじ):Guitar
アイルランド、西はずれの田舎町にてアイリッシュギターを学び、現在、複数のアイリッシュバンドに在籍する人気ギタリスト。
鋭いリズムストロークを得意とし、グルーヴの中核を担う。クールな表情の大渕氏とは対照的、演奏中は笑顔を絶やしません。
ライブのMC担当。

[田嶋 友輔] (たじま ともすけ):Drums. Percussion
邦楽囃子方、仙波清彦氏に師事。
邦楽・下座音楽を実践的に学ぶ一方、都内で演奏活動を始める。ドラム、パーカッションを織りまぜた独自のアプローチ、「間と息と節」といった邦楽特有の感性は、音楽に新しい風を吹き込む。カシシを使った、高揚感溢れるプレイも見物


こんな商品もオススメします
SEDRENN
"On Our Way..."
ALAN SIMON - ROCK OPERA
"Anne De Bretagne (Live Au Chateau Des Ducs De Bretagne)"
きしもと タロー
"ハルノヒ"
XOSE MANUEL BUDINO
"Zume De Terra"
IALMA
"Simbiose"

All rights reserved このページのトップ 前ページに戻る トップページ